2017年11月19日日曜日

11月18日、19日

地域.職場.青年革新懇全国交流会in愛知
共同を一層広げ改憲阻止・3000万署名の成功を      1568人が参加
連帯挨拶のミサオ-レッドウルフさん、廣渡省吾さん、高田健さん
    
    ミサオ・レッドウルフさんの連帯挨拶
広渡清吾さんの連帯挨拶
高田健さんの連帯挨拶
渡辺治さんの特別報告
渡久地修さんの辺野古問題特別報告
志位和夫さんの特別報告
中山忠克さんの辺野古についての発言

大井一雄渋谷革新懇事務局長が7区しぶやなかの市民連合について発言
 11月18日、革新懇の全国交流会。全体会は、愛知県の刈谷市で開かれ、1568人が参加。 
池田香代子さんが開会挨拶。ミサオレッドウルフさん、広渡清吾さん、高田健さんが連帯挨拶。渡辺治さん、渡久地修さん、志位和夫さんが特別報告。東京からは、渋谷革新懇の大井事務局長が、東京7区の長妻昭さん当選のためにがんばったしぶやなかの市民連合の取り組みを、全体会で、報告しました。19日は、分散会、分科会に分かれて討論交流しました。 
 分散会では、今回の小池百合子氏の希望の党結党と、民進党解体劇は、日米同盟強化の方向での、アメリカの国務次官補と、前原誠司、小野寺五典、自民党福田達夫・林芳正、細野豪志、長島明久らが、会談した結果によるものであるとの発言がなされました。
 また、革新懇づくりの重要性と3000万署名の取り組みが、議論されました。

2017年11月15日水曜日

憲法共同センター総会

  憲法共同センター第4回総会開く
  高田健さん、山下よしきさんが挨拶
改憲勢力は3分の2を占めたが
              国民的基盤は脆弱
 1114日、憲法共同センタが第4回総会。船尾徹自由法曹団団長が主催者挨拶(最後の写真)。総がかり実行委の高田健共同代表が、市民連合は、野党4党と政策の内容について長い時間をかけて調整し、926日に合意した。その数時間後に民進党が希望の党と合流を発表。さすがに肩を落としてしまったが、立憲民主党が立ち上がり55議席を獲得、立憲野党3党など90議席で、闘いの基盤を確立できた。立憲民主党は、この間の市民と野党の闘いの結果、野党第1党になったものだと思う、と話しました(一番上写真)。
亀井静香氏も濱田邦夫元最高裁判事も安倍改憲に反対!
続いて山下芳生共産党参議院議員が国会報告。改憲勢力が3分の2といっても、小選挙区制・野党分断・争点隠しで得たもの。比例では33%の得票で61%の議席。国民的基盤は極めて脆弱といわなければならない。亀井静香氏や濱田邦夫元最高裁判事など、保守層の方々も安倍改憲にNO!を表明している。改憲発議を許さない闘い、そのために、3000万署名を本当に成功させよう、と話しました(2番目の写真)。
森本達也全労連常任幹事が下記の取り組みを提起し、民青、新婦人、東京、自治労連、全商連、全教、埼玉、医労連などから3000万署名の目標を決めてがんばる、などの発言がありました。(写真は、右から船尾、山下、高田の皆さんと司会者)
【安倍改憲NO!3000万署名の取り組み方針・予定】
「総がかり」「市民連合」への結集・連携をつよめ、市民と野党の共同をさらに発展させ、全国市民アクション提起の3000万署名達成の先頭に立って奮闘する。
1112月「安倍9条改憲阻止 学習・宣伝月間」 リーフ30万枚。9の日都内9箇所宣伝と、19日議員会館前行動の強化。全戸訪問署名。ニュース発行とSNSの活用。共謀罪廃止の取り組み。
17日(日)総がかり行動実行委員会集会  石川健治東大教授 14:00 北とぴあ
127日(土)安倍改憲NO!3000万署名「全国活動交流集会」
53日憲法大集会 有明防災公園。
6月 大集会


2017年11月12日日曜日

11月11日 首都圏反原発連合

 GENPATSU ZERO
「反原発☆国会前集会」に1000人
国民の大多数が原発に反対している中で、公明党も希望の党も原発ゼロを言わざるを得なくなっている。ベトナムも、トルコも、台湾も原発受け入れをストップ!さらに頑張っていこうと!    
        
        
 反原連、国会前大行動に、100 0人。小熊えいじ、鎌仲ひとみ、古賀茂明、菅直人、吉良良子、畑野君枝、藤野保史、有田芳生、真山ゆういち、福島みずほらのみなさんが、スピーチ。国民の大多数が反対してい原発。自民党除くほとんどの政党が、原発ゼロをめざすといわざるを得なくなった。さらに頑張って行こうとコ-ル!

2017年11月3日金曜日

11月3日

安倍9条改憲NO!  4万人が国会包囲
改憲発議できないよう3000万署名を
         国会正門前
正門に向かって右側
正門に向かって右側
国会図書館前
歩道はぎっしり(右側が国会正門)
ごったがえす国会正門前
国会正門前
 高田健さんが開会あいさつ。枝野幸男立憲民主党代表、志位和夫日本共産党委員長、江崎孝民進党参議院議員、福島瑞穂社民党副党首らが安倍改憲阻止、3000万人署名を集め、
発議させないようにしようと、決意表明。司会は菱山南帆子さん。       




2017年10月31日火曜日

共産党の「犠牲バント」で「得点」を挙げた立憲民主党

法政大学名誉教授
東京革新懇代表世話人
五十嵐 仁

 総選挙の結果が明らかになりました。「大義」なき解散と野党共闘の意義が改めて問われる選挙戦でした。安倍政権のしぶとさが示されるなかで、野党はバラバラでは勝てないということ、活路は市民と立憲野党との共闘にしかないということが、選挙を通じて改めて明らかになりました。
勝ったのはどこか
 自民党は公示前と同じ284議席となり、29議席の公明党と合わせた合計では313議席で衆院の3分の2(310議席)を維持しました。与党は改選前の318議席から5議席減ですが、定数が10議席減っていますからほぼ現状維持です。
 自民党の有権者に対する得票割合(絶対得票率)も小選挙区で24.98(前回24.5)、比例代表で17.49%(同17.0%)となっており、こちらもほぼ現状維持です。自民党は圧勝したとされていますが、負けなかっただけで勝ったわけではありません。
一方、野党内では質的な変化が生じました。立憲民主党が15議席から55議席に躍進して野党第1党になったからです。今回の選挙では唯一議席を増やしましたから、勝ったのは立憲民主党です。対照的に、希望の党は50議席で公示前の57議席に届かず、共産党も21議席から12議席に減らし、維新の会は3議席減の11議席、社民党は変わらず2議席となりました。
 この結果、立憲3野党(立憲民主・共産・社民)の合計は38議席から69議席へと31議席も増えています。この成果は共産党が67もの選挙区で候補者を取り下げて一本化を図った自己犠牲的な対応のお陰でした。共産党が「犠牲バント」でアシストしために、立憲野党は多くの「得点」を挙げることができたのです。
共闘が切り開いた新たな局面
 野党の内実が大きく変わったことによって、新たな局面が切り開かれました。一連の再編劇によって旧民主党や民進党の悪いイメージは希望の党へと受け継がれ、逆に立憲民主党は民主党以来のイメージと政策を一新することに成功したからです。
 こうして市民や他の立憲野党と歩むことのできる新たな選択肢が登場することになりました。それは「非安倍」や「反安倍」の有力な「受け皿」となるにちがいありません。これまで安倍首相は「他よりも良さそうだから」という消極的な支持によって支えられてきましたが、これからはもっと「良さそう」な「他」が存在することになるからです。
内閣支持率の下落が自民党支持率の低下に連動する可能性が出てきました。総選挙の結果を過信して「信任された」とばかりに強引な政治運営を続ければ、消極的な支持は離れます。安倍首相は意表を突いた解散・総選挙によって野党をかく乱しましたが、その混乱の中から思いもよらぬ手ごわいライバルが生まれたことになります。
安倍9条改憲阻止に向けて
 選挙の結果、改憲に賛成する政党と議員は3分の2を超えて349議席になりました。安倍首相も国会での改憲発議に向けて「合意形成をするよう努力」する考えを強調しています。
しかし、安倍首相が提案した自衛隊の存在を書き加える9条改憲に賛成するのは54%で、自民党でも14%は国防軍明記を求めています(毎日新聞調査)。与党の公明党は慎重で、希望の党でも9条改憲に反対が63.2%、安保法制を評価しないが68%になっています(朝日新聞調査)。
 改憲論は多数派でも、安倍9条改憲論は必ずしもそうではありません。この両者を区別し、安倍9条改憲に反対する世論を盛り上げ、それを可視化することが必要です。選挙の結果、3000万人署名の意義と重要性はますます高まりました。

今回の総選挙は衆院選で市民と立憲野党の共闘が試された初めてのケースです。議席減のリスクがあるのに候補者を取り下げた共産党の献身によって、信頼の絆と連携の経験が生まれ、人間関係も深まりました。

これを安倍9条改憲阻止と統一戦線結成に向けての、次のステップに結びつけなければなりません。選挙と運動の両面で日常的に連携を図り、統一志向のまともな野党を草の根から市民の力で育成することが次の課題です。

2017年10月23日月曜日

10月23日 憲法宣伝

安倍9条改憲NO!
自ら進んで署名に賛同する人ばかり
新しい横断幕や幟できる!
10月23日、総選挙結果が出た本日、東京憲法共同センターは、池袋駅東口で、早速「安倍9条改憲NO!」の全国統一署名に取り組みました。喜入東京自治労連事務局長、松元東京革新懇代表世話人、木下都教組書記長、平田東京平和委員会代表幹事らが、「総選挙で、改憲勢力が3分の2を占めたが、今日の世論調査でも9条に自衛隊を書き込むことに反対が、賛成を上回っている。集団的自衛権の行使ができる安保法制のもとで、9条にもし自衛隊を書き込めば、自衛隊が海外の戦場に送り込まれることになる」と宣伝。「ぜひ、署名にご協力ください!」と訴えました。
 自ら進んで署名に賛同する人ばかりであり、総選挙結果を受けて、署名運動の必要性を痛切に感じている人が増えている様子がうかがえました。14人が参加。写真は、左から木下さん、平田さん。

2017年10月13日金曜日

東京小選挙区25区の立憲野党の立候補状況
13選挙区で立憲野党が1本化
立憲野党共産党のみが3(3・15・18区) 計16
共産党が候補者を下ろして1本化したところが8選挙区(立憲民主党が7、社民党が1)。立憲・社民が候補者出さず共産党候補を市民組織が推薦6選挙区、1本化は計13選挙区で、ほかに、立憲野党が共産党のみのところが3。

1区 一本化海江田万里(立憲民主党)     
2区 一本化・松尾あきひろ(立憲民主党)  
3区 香西克介(立憲野党共産党のみ。社民区議支援)
4区 立憲・井戸正枝、共産・青山昂平並立  
5区 一本化・手塚よしお(立憲民主党)    
6区 一本化・落合貴之(立憲民主党)     
7区 一本化・長妻昭(立憲民主党)      
8区 共産・長内史子、立憲・吉田晴美並立   
9区 一本化・原純子(共産党)市民組織が推薦  
10区 立憲・鈴木庸介、共産・岸良信並立  
11区 立憲・前田順一郎、共産・小堤東並立  
12区 一本化・池内さおり(共産党)市民組織が推薦 

13区 共産・祖父江元希、立憲・北條智彦並立
14区 一本化あとう和之(共産党)(市民組織推薦)
15区 吉田年男(立憲野党共産党のみ)
16 一本化初鹿明博(立憲民主党)
17区 新井杉生(立憲野党共産のみ。社民系無所属区議が支援) 
18区 一本化・菅直人(立憲民主党)
19区 共産・杉下茂雄、立憲・末松義規並立
20区 一本化・宮本徹(共産党)市民組織が推薦。
21区 一本化・小糸健介(社民党)
23区 一本化・松村亮佑(共産党)市民組織が推薦。
24区 共産・飯田美弥子、立憲・高橋斉久並立
25区 共産・井上宣、立憲・山下容子並立