2018年4月14日土曜日

4月14日

うそつき安倍内閣は退陣を!
国会正門前に5万人の参加者
    国会前の道路を埋め尽くす
コ-ルをする参加者
安倍はヤメロ!コール
福山真劫さん―安倍政権は、憲法を破壊して戦争する国への暴走、そして、国家権力を私物化し官僚機構を変節堕落させた。
長妻昭さん―今、日本は安倍総理のお友達・取り巻きによって、国家中枢が大混乱に陥っている。安倍総理は、この責任をはやくとれ!
志位和夫さんー安倍政権のもとでの疑惑は、底なし沼の状況。森友学園への8億円の値引き根拠は崩壊。加計問題の愛媛県文書、官邸の方にうそをつく動機がある。
又市征治さんー権力は腐敗する。まさに安倍政権。安倍さんそのものが膿。民主主義が壊されている。行政と政治への信頼を取り戻すことが今求められている。
安倍政権を必ず変えよう!改憲発議絶対止めよう!コール
佐藤学さん―日本の政治、この国会、官僚組織、これほどくさりきった姿を露呈したことがあったでしょうか。腐敗しきっています。この国会を私たちの力で取り戻しましょう!
金子勝さん(立教大学特任教授)ー国が滅びようとしている。文書の改ざん、隠蔽は民主主義の統治機構の崩壊であるという危機感を持っている。どんな邪悪な政策やどんな不正も正当化することになる。
      オスプレイは横田に、日本にくるな!
       あべはやめろコール
         
    

2018年4月12日木曜日

4月12日18時30分 

  うそつき安倍内閣は退陣せよ!
   議員会館前行動に1200人!
「トップが腐敗すれば組織は崩壊する。国は乱れる」日吉雄太立憲民主党衆議院議員
福島瑞穂社民党参議院議員
宮本岳志日本共産党衆議院議員
伊波洋一沖縄の風参議院議員
   

2018年4月2日月曜日

受験生、続々民青に加盟

日本民主青年同盟がおこなっている新入生歓迎運動(新歓運動)。東京では、この25年間で最も多くの新入生(受験生)が民青同盟に加盟しています。民青同盟東京都委員会委員長の西川龍平さんに聞きました。

新入生の関心や要求は多彩です。「大学に入って勉強についていけるか」「専門知識を身につけたい」「奨学金が返せるか不安」「いい人間関係をつくりたい」などの要求を語り合い、学生生活のスタートを応援するのが、新歓運動の大きな意味です。そして学生生活のスタートにとって、最良の選択は、民青同盟に加盟してもらうことだと思っていますから、新歓で加盟してもらうことを大変うれしく思っています。
やり方は例年と同じですが、今年は、ここ数年の倍以上の民青への加盟が受験生の中で生まれています。
新入生に、「フランスの学費はいくらでしょう」とクイズが書かれたボードを使って足を止めてもらいます。「日本と比べて安いですね」等の声が寄せられます。
アンケートで「大学でやりたいこと」「興味のある政治・社会問題」などを聞きながら対話します。そして、民青同盟を魅力的に書かれたA4一枚の「加盟呼びかけ文」を読んでもらいます。「すごくやりたいけど、大学生活がどれくらい忙しくなるかわからない」「こんなに活動していてすごい。でも自分がやるとなると不安」との声の中に、民青同盟をやってみたい、という前向きな思いが含まれています。この部分を大切に、よく対話すると、多くの新入生が仲間になってくれます。今年の特徴は、新入生の関心や要求を邪魔しているのは安倍政権なんだ、そのことが対話の中で浮き彫りになりやすくなっています。
18歳選挙権が施行され、昨年は、大きな政治的激動がいくつもありました。新入生の政治的な関心は高くなってきています。同盟員から、「ブラックな働かせ方が蔓延しているのは大企業優遇の自民党政治のせい」「米軍基地問題は、アメリカいいなりの政治に原因がある」と語ると、新入生からは驚きもありますが、「ホントそうですよね」という共感が多く寄せられます。安倍・自民党政治が見えやすくなっているんですね。そこに、民青同盟で学んでいる科学的社会主義や日本共産党綱領の展望を指し示すと、大いに希望として受け止められます。
私たちの展望は、野党と市民の共闘で切り開かれる新しい政治ですが、まだ新入生たちには広く知られていません。「安倍政権がおかしい」とはなっているけど、その受け皿が見えていない。4月以降の新歓本番で、民青同盟が大いに力を発揮していきたいと思っています。

「君たちはどう生きるか」240万部の大ベストセラー
加えて、これから新入生ともっと語り合いたいのは、生き方です。吉野源三郎さんが書いた『君たちはどう生きるか』が漫画版と小説合わせて240万部以上の大ヒットとなっています。時代の反映だと思います。激動の内外情勢。一方で、学費・奨学金、バイト、人間関係。このような中で学生生活をスタートさせる新入生たちと、どのように学び、生きるのか、一緒に考え語り合っていきたい。『君たちがどう生きるか』で主人公のコペル君が発見する理論や、彼のおじさんが解説する理論は、明示こそされないものの、民青同盟の学んでいる科学的社会主義です。「生産関係」なんて言葉も出てきます。まさにいま求められている、という自覚と確信をもって、仲間と一緒に頑張っていきたい。

2018年3月21日水曜日

3.21さようなら原発全国集会

雪の中、さようなら原発集会に12000人
いのちを守れ、くらしを守れ、フクシマと共に        
    
                     
 3月21日、代々木公園で開かれた「さようなら原発全国集会」には、雪の中、全国から12000人が参加しました。フクシマからは、ノンポリであんまり社会問題には関心はなっかたが、原発事故で考えが変わったとの発言が。韓国からの発言や福山さんの行動提起、鎌田さんの閉会挨拶がありました。参加者は寒さに震えながらも、オーオーと傘を挙げて原発廃止の意思を示しました。

2018年3月19日月曜日

3月19日

議員会館前行動雨を吹き飛ばす5000人
昭恵夫人が関わっていたことは明白!内閣は総辞職を3/19



2018年3月18日日曜日

3月18日 新宿大街宣

あたり前の政治を 新宿西口に4000人
森友疑惑徹底追及、安倍内閣総辞職を市民と野党の大街宣
 市民連合と総がかり主催の新宿西口の大街頭宣伝、4000人の盛り上がり。社民党福島瑞穂さん、共産党志位和夫さん、立憲民主党長妻あきらさん、そして自由党も挨拶。市民連合広渡しょうごさん、小田川さんらが、国会と国民をだまし続けてきた安倍内閣を総
辞職まで追い込みましょう!と、訴え、大きく盛り上りました。
広渡清吾さん「昨年2月、安倍首相は総理大臣と議員を辞めるといった。この首相を守るために文書改ざんが行われた!」
奥田愛基さん「国会をまた20万人くらいで取り囲みましょう!」
福島瑞穂さん「ウソばっかりの安倍政権は退陣させましょう!」
志位和夫さん「公文書改ざんへの国民の怒りが沸騰!。この怒りと6党の結束で、1歩1歩政府を追い込んでいる!」
飯島さん 公文書について



2018年3月13日火曜日


3.13昼 緊急行動、議員会館前に1000
安倍・麻生の国家の私物化糾弾公文書改ざんを許さない安倍内閣は退陣を
  313日正午から1時まで、「安倍内閣は退陣を!」の昼の議員会館前行動が開催され、800人が参加しました。福島瑞穂社民党参議院議員、糸数慶子沖縄の風参議院議員、杉尾秀哉民進党参議院議員、逢坂誠二立憲民主党衆議院議員、宮本岳志共産党衆議院議員が挨拶。他の国会議員も多数参加していました。各議員とも、この1年間、国会と国民をだまし続けてきた安倍内閣。もう少しで退陣させるところまできている、がんばりましょうと、訴えました。今夜18:30議員会館前、1418:30議員会館前、1518:30国会正門前、1612:00議員会館前、18:30議員会館前でも連続しての行動があります。