2016年8月23日火曜日

核兵器を禁止し、廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます! 
ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える「核兵器廃絶国際署名」がスタート(略称 ヒバクシャ国際署名) 
  濱住治郎  
 日本被団協事務局次長
  
<運動の目的と内容・目標>
日本被団協は、結成60年の今年、核兵器を禁止し、廃絶する条約を結ぶことを、世界のすべての国に求める国際署名を4月にスタートさせました。
署名用紙は、「被爆者は核兵器廃絶を心から訴えます」と題した約千字の訴え文と、呼びかけ被爆者代表として、日本被団協の代表委員をはじめ、韓国、北米、ブラジル、カナダ、メキシコの被爆者9名が挙げられています。
核兵器廃絶は、被爆者の長年の願いです。沈黙を強いられていた被爆者が、被爆から11年後の1986年8月10日に長崎に集い、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)を結成しました。そこで、「世界への挨拶」として、「自らを救い、私たちの体験を通して人類の危機を救おう」と誓い、「ふたたび被爆者をつくるな」と訴え続けてきました。核兵器廃絶は被爆者の心からの叫びです。核兵器廃絶国際署名はこの願いを実現させるための署名です
2020年の8月まで、数億の署名を集め、毎年国連総会に提出して、一日でもはやい実現を目標としています。 
核兵器廃絶を願う世界の国々は、廃絶への意欲に強く共感しています。しかし、世界唯一の被爆国である日本の政府は、国連決議に棄権し、「法的枠組みをすすめるのは時期尚早」として、足を引っ張っています。国際署名を大きく前進させ、核大国の威力にたよる安全保障政策を転換させなければなりません。 
<運動の進め方と広がり>
3月23日と4月13日に団体による懇談会を開き、運動のイメージや運動の広げ方などについて協議しました。4月27日に、東京での第一声、渋谷ハチ公前で街頭宣伝をおこないました。(写真)60人(被爆者36人)が参加し、被爆者の訴え、賛同団体の決意を述べました。そこでの署名は277人(11か国)でした。
暫定の事務局会議を4月から5回開催し、7月13日に推進連絡会第一回会合を開催。15団体から21人の出席がありました。連絡会としての申し合わせ事項を確認、代表者を日本被団協の田中煕巳事務局長に選任、運動要綱を確認し、広く著名人に賛同を広げること、参加団体のなかから数人が事務局を担うことなどを確認しました。
 この運動は「被爆者が訴える署名」であるという中心を見失わないように進めます。平和、市民、労働、宗教など多方面の団体と幅広く連携し、広げていきます。参加の仕方は幾つかの道筋があり、緩やかにつながって、それぞれの団体が自主的に進めます。地域ごとに特色をだし進めていきます。
 長崎では、被爆5団体が呼びかけて、生協連、原水禁、原水協、被災協で事務局を構成し署名推進にあたっています。広島では、7月14日に、被爆7団体の代表が「広島の呼びかけ人」に名を連ねて協力してすすめると、発表しました。
 北米原爆被害者の会からは、「一人一人の核廃絶の気持ちの集まりです。どうか、わたしたちの気持ちを国連に持って行ってください。ここらから応援しております」と手紙がそえられ、350人を超える署名が被団協に届いています。  
<今後の取り組み>
 日本被団協の事務所内に、推進連絡会の事務局を置くことがきまり、その準備に早速入ることになりました。事務局の人件費や活動に伴う財政面でも各団体・個人に支援を求めてすすめてくことにしています。署名の期間が今年は限られますが、秋の国連総会に向けて提出していくことにしています。
8月6日18:00から、広島グリーンアリーナ大会議室(地下一階)で、賛同者によるリレートークなどの行事を開催することになりました。広島におられるみなさんはぜひご参加ください。

 署名運動を成功させるため、皆様のご賛同とご支援をよろしくお願いいたします。           

2016年8月15日月曜日

71回目の終戦記念日に憲法宣伝
巣鴨駅・上野駅・本郷3丁目で関心呼ぶ
巣鴨駅で訴える自由法曹団東京の萩尾健太弁護士
   
上野駅マルイ前で訴える東京憲法会議の田中章史氏と東京原水協の石村昭弘事務局長
         
本郷3丁目交差点で訴える今井文夫東京革新懇事務局長(左)          
どこでも反響が
東京憲法共同センターは、改憲勢力が衆参で3分の2を占めたもとで、憲法改悪を絶対に許してはならないと、815日の終戦記念日に宣伝を行いました。各駅で、「参院選後も、依然として国民世論は改憲に反対が多数です。参院選後の世論調査でも、安倍政権のもとでの改憲反対が489%、賛成が358%(7/1112調査「共同通信」)となっています。安保関連法の廃止をめざす野党4党は共闘すべきだと「思う」が、508%、「思わない」は、356%(7/20付「産経」)」「正午のニュースで、天皇は、全国戦没者追悼式で、“ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の参加が再び繰り返されないことを切に願う”と話し、不戦への強い思いを述べた。これに対し、安倍首相は加害と反省には触れていない」「戦後71回目の終戦記念日の今日、再び悲惨な戦争をする国にしないよう誓い合おうではありませんか」などと、訴えました。巣鴨駅では、身内の戦死や戦争体験を話す人もいたり、中には安倍は大キライと言う人もいました。上野駅前では、広島で被爆したという車いすの人とも対話になり、信号待ちをしている皆さんなどがよく聞いてくれました。
自由法曹団東京の萩尾弁護士、東京原水協の石村事務局長、東京憲法会議の田中さん、東京革新懇の今井事務局長と松元代表世話人がそれぞれ訴えました。

2016年8月9日火曜日

東京都知事選
鳥越俊太郎氏134万6103票獲得
全国からのご支援ありがとうございました!
参院選に引き続く東京都知事選での、地域・職場でのご奮闘、たいへんお疲れ様でした。全国のみなさんからも大きなご支援を頂きました。ありがとうございました。
結果は、鳥越俊太郎氏134万6103票、小池百合子氏291万2628票。増田寛也氏179万3453票で、小池百合子氏当選となりました。
鳥越氏は、港区の事務所で、「どこでも演説に多くの方が集まってくださった」「私の力不足」「自公勢力に対抗するためには、野党がまとまらなければ」「都知事選でも野党4党などの皆さんとの共闘で十分なたたかいができた」「衆院選でも統一してたたかっていただきたい」。小池百合子氏の「核武装もありうる」発言に、「怒りの気持ちがある。知事になられての言動を監視したい」と話しました。
めげず,くじけず,あきらめず!
 7月26日、鳥越府中女性勝手連の宣伝行動に参加の、右から共産党尾崎あや子都議会議員、一人おいて、共産党宮本徹衆議院議員、民進党菅直人衆議院議員。
”継続こそ力なり”と8月3日に「アベ政治を許さない」スタンディングを行うアベno!府中実行委員会のメンバー
   継続こそ力なり!府中では「アベNO!府中実行委員会」が呼び掛けて毎月3日と19日(戦争法が強行された9月19日忘れない)の二回「アベ政治を許さない」スタンディングに取り組んでいます。83日も午後1時からけやき並木伊勢丹フォーリス前で実施し、「アベ政治を許さない」、「戦争法は直ちに廃止」、「憲法守れ、9条を守れ」、「若者を戦場に送るな」、「ノーモア、ヒロシマ・ナガサキ」、「すべての核兵器の廃絶を」、「東京都は非核平和の都市宣言を」などとアピールを行いました。

2016年7月30日土曜日

都知事選あらかると(730日)-17
選挙戦も最終日。
夜12時まではネット配信も、投票呼びかけも自由にできる。官僚エリートや、タカ派・日本会議の改憲派政治家を知事にしてはならない。「戦争はいやだ」の声を鳥越に。もう一回り訴えよう! 東京から日本を変える。ぜひ、その声を一票に!
29日の鳥越必勝女性デー写真フェイスブックより)
▼永さんと巨泉さん
 いよいよ選挙戦も最終日。そこで伝えたいのは、この日を前に亡くなった永六輔さんと大橋巨泉さんのことだ。永さんは参院選のさなかの7日、83歳で、巨泉さんは都知事選が始まったばかりの12日、82歳だった。
 戦後のテレビを作り、日本の新しい文化を育てたマルチタレント。2人とも個性的で、仕事のカラーも違っているが、同時に、ともに戦争を心底から嫌い、日本を憂い、生活者目線で問題をとらえる「ジャーナリスト」でもあった。時代を捉える感覚と、権力におもねらず、問題をまっすぐにみて主張する精神は、鳥越俊太郎に相通ずる。もう少し若く、健康だったら、きっと選挙戦に駆け付けてくれたはずだ。
 巨泉さんは2001年、自民党が圧勝した第19回参院選に民主党から出馬、民主党のトップで当選した。だが2ヶ月後、米国の同時多発テロ「9・11」。テロを非難する国会決議の「アメリカを支持する」との文言に、民主党でただ1人反対。インド洋への自衛隊派遣にも反対。「民主党は自民党化するな」と信念に従って、参院議員を6か月で辞職した。
 その後、がんを患った巨泉さんは、集中治療室からも発言した。6月27日発売の「週刊現代」7月9日号のコラム「最後の遺言」は、次のように書いていた。
 「このままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです。」
 鳥越さんとともに「マスコミ九条の会」呼びかけ人でもあった巨泉さんには、憲法を無視して戦争する国に向かおうとする安倍政権が許せなかった。
  永六輔さんも「反骨」の人だった。「日曜娯楽版」から、安保を経て、「夢であいましょう」まで、ラジオとテレビの一時代を作った永さんは、77年には革新自由連合の結成に参加、83年の参院選に出馬して落選した。軽妙な語り口で親しまれたが、舌鋒は鋭く、友人の青島幸男東京都知事を「公約破り」と批判したり、「教育基本法改悪・共謀罪・憲法改悪反対」集会では、「君が代」を「星条旗よ永遠なれ」のメロディーで歌った。
 2人に共通するのは、「戦争は絶対阻止しなければならない」という思いと「生活者として、権力におもねらず、歯に衣着せずものをいわなければならない」という強い信念だ。ずっと断っていた鳥越さんが、あえて立った決意には、巨泉と永さんの「遺志」がある。
 選挙戦も最終日。夜12時まではネット配信も、投票呼びかけも自由にできる。官僚エリートや、タカ派・日本会議の改憲派政治家を知事にしてはならない。「戦争はいやだ」の声を鳥越に。もう一回り訴えよう! 東京から日本を変える。ぜひ、その声を一票に!    

2016年7月29日金曜日

都知事選挙の最終盤を迎え、これまでにない盛り上がり 日野
  街頭でも電話でも、こんなに対話が広がる選挙はない! 投票日まで4日と迫った28日の3駅宣伝には55人が参加。約700枚のチラシ、シール投票に68枚の要求シール、30人と対話、3駅で100人を超える市民との対話。 選挙も投票日が迫ると決めた人が増えて街頭の反応が冷たくなるのが普通なのに、日に日にチラシの受け取りも増え、「入れたよ」「頑張って」「どうしようか迷ってる」など、街頭でもこんなに対話が広がるのは、今までにないことです。
こんなにわかりやすく、やりがいのある選挙はない!有権者はまだまだ迷い考えている、声をかけ鳥越さんの政策を伝え小池・増田の危険を知らせれば支持がどんどん変わる。しかし、マスコミは、演説回数が少ないから健康に不安、何の裏付けもない疑惑記事で選挙妨害、政策がない、鳥越苦戦など、デマ報道で鳥越支持の広がりを抑え込もうと躍起に。これに負けない鳥越押上げの大奮闘が始まっています。
 選挙当日まで「頑張れば勝てる」横一線のたたかいまで鳥越さんを押し上げてきたことに確信を持って、声をかけきり、街頭での宣伝・対話に元気に取り組みましょう。 29日(金)ロングラン宣伝ネル、30日(土)午後4時高幡不動駅宣伝。

「鳥越府中勝手連」鳥越勝利へ!府中

28日は府中駅に20名、今朝は府中駅に24名、府中本町駅に13名、多磨霊園駅でも朝のアピール元気に行いました。民進(西宮・須山・稲津・杉村)共産(目黒・赤野・服部・結城)ネット(田村・西の)社民(村崎)の11人の市議とスクラムがっちり。
都知事選あらかると(729日)-16
憲法を守る都政を取り戻そう!   
▼鳥越は明快、「改憲の流れを押し戻そう」
2候補「自民改憲草案通りで」「国政と都政は別」 

 29日付の東京新聞に、有力3候補の政策が紹介されている。「明日を託せるのは誰」と題する連載で、この日は「憲法」。アンケートや発言から構成している。
  まず、見出しを紹介すると、鳥越俊太郎氏「『改憲』止めるため出馬」、増田寛也氏「地方自治とは別問題」、小池百合子氏「自民改憲草案に同調」―。極めて明快だ。小池氏は「いったん現行憲法を廃止して、新しいものを作っていく」とも言っている。
 都知事選も本当の大詰め。まだ「女性の候補ならうまくやってくれるだろう」「やっぱり自民党推薦ならいいんじゃないか」と迷っている人がいる。鳥越さんには、スキャンダル報道で、「うまくいかないんじゃないか」という声も出る。ちょっと待ってほしい。この憲法の話、すごく大事でわかりやすい話なのだ。28日の街頭演説では、澤地久枝さんが瀬戸内寂聴さんが応援メッセージを寄せたことを報告した。
 いま、私たちの生活は窮乏し、息苦しくなっている。保育園での事故、老人ホームでの殺人、障害者施設元職員の大量殺人、それぞれ事情が違っている。しかし、もとをただせば、職員の数が足りない、入所希望者が殺到するが施設が足りない、そんな状況の中に私たちみんながいるのではないか。その中で不心得者が生まれ、あるいは間違った考えに染まる男が育つ。
 そんな問題をどう解決するのか? そこで戻らなければならないのは、日本国憲法だ。厳しい現実がある。一朝一夕では解決できない問題も多いはずだ。しかしそれを、「憲法」に、基づいて一つ一つ考えていくことが大事なのだ。
 「憲法に基づく都政」―その当たり前のことを確認し、そこからスタートする。9条だけではない。政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」(前文)した憲法を思い起こし、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(25条)とした憲法を生かし、具体化していく。それが、いま私たちの選択だ。  あと2日、「憲法を守る都政を取り戻そう」―。(M)

全国から40万円のカンパ寄せられる

 北海道、釧路、多賀城、埼玉、千葉、神奈川、山梨、愛知、滋賀、京都、大阪、鳥取、香川の各革新懇からと、愛知宗教者平和の会、大阪(服部)、板橋革新懇(浅沼)から総額40万円のカンパがありました。

2016年7月28日木曜日

▼スキャンダル攻撃の意味
謀略の鳥越攻撃第2弾「週刊文春」に「週間新潮」が加わった
 投票日直前、3日前の28日の朝、朝刊を開くと、謀略の鳥越攻撃の第2弾、「週刊文春」に、今度は「週刊新潮」が加わった。読んでくれなくてもいい、この広告と電車の中吊り広告で十分目的は達せられる。鳥越弁護団は、週刊新潮に対しても27日抗議文を送ったが、事実関係についても日時すらあいまいな話に対応のしようがない。それにしても、このしつこさ。そんなに鳥越が知事になると困るのか?  総ぐるみでかかってきたときの権力の恐ろしさを改めて感じさせるのが、スキャンダル攻撃。こちらも総ぐるみで戦うしかない。 
 政策にも、共闘にも関係がない、あることないこと、ないことないことを宣伝し、相手の人格をおとしめる。そのことで、有権者の票をかすめ取ろうとする戦術は、以前、選挙の直前に共産党の幹部を痴漢で逮捕したり、関係者のスキャンダルをでっちあげたりしたことがあったが、14年前の「事件」を持ち出しての攻撃、妨害はあまり例がない。
 鳥越攻撃をしたかったら、「彼は昔、実は核武装を主張していた」とか、「カネをもらったか、友人の自民党議員の応援をした」とでもいう話を探してみたらどうだろうか。
 鳥越さんは26日の演説で、保育園待機児と特養ホーム待機者の2つのゼロを実現し、250キロ圏内の原発停止を申し入れる、と話した。「原発は日本に欠かせないエネルギー源」という小池候補、「原発を動かすという国の政策を認めるべき」という前東電取締役の増田候補、「福島で原発の危険性はわかった」と「脱原発」を主張する鳥越さん。保育園でいうなら、規制緩和の詰込みを主張する小池候補と、区長と話して…と及び腰の増田候補、「ハコ物つくりの予算をこちらに回すことができるはずだ」と、財源に言及する鳥越さん。いったい誰が、どちらが信用できるのか? 
  27日の革新懇の決起集会では、小池候補があたかも自民党と対決しているかのように見せかけていることについて、大阪革新懇の代表が「大阪維新の会のやり方とそっくり」と指摘した。「改憲隠し」「タカ派隠し」「自民党隠し」が怖いのは、共闘の広がり。大田と台東の都議補選で、民進・共産の共闘が実現した。
 政策や共闘の矛盾でなら、乗り越えられる。「火のないところに煙を立てる」式の人格攻撃は許されない。鳥越さんが「悔しい。事実無根。激しい怒りを感じる」と語ったのは、そのことだ。

 あと2日、あなたは「改憲隠し」「タカ派隠し」「自民党隠し」の知事でいいんですか?と問いかけよう。M